(ファンなのでキャラメルボックスと重ねまくってますすみません)

2012年の上演作品で、ずーっと気になっててDVD買うか迷ってたんですけど密林さんにあったのでついに買いました。
バレバレですけどキャラメルの畑中さん目当てでした。あと三上俊さんと谷口賢志さん。今年舞台で観た人達。
あと相楽樹さんも出てて今更びっくりしました。これが初舞台のはず。めっちゃ可愛かった…可愛いだけに悲しかった。

面白かった…と言うと語弊があるのかもしれませんが、面白かったです。すごく面白かったです。
感想もいくつか読んでたのでネタバレはある程度知ってたんだけど、それでも終盤は気が付いたら完全に惹き込まれてた。
エンディングで鳥肌が止まりませんでした。
辛かったけどね。とは言え冷静に見れる辛さだけど。見守りながら「あ…ああ…あああー(涙)」みたいな。
こんなに巻き込まれる畑中さんなかなか見ない。
私の観劇の根幹はキャラメルボックスなので、キャラメルの作品と色々重ね合わせながら観てたんですが。『TRUTH』とか。『トリツカレ男』とか。
(国とか時代とか背景の違いはあれど)同じことやってるけど、最後の最後に気持ちを受け止めてもらえたのがジュゼッペで、最後まで受け止めてもらえなかったのがタモツなのかなとか思ったりした。辛い。

純子の純は純粋の純。純粋ではありました。
でも彼女の幸せとタモツの幸せはいっこも噛み合わなかったんだなあ。
これはもう「合わなかった」としか。正直、最初からわかってたと思うし。
引き返せるタイミングも何度かあったし。でも引き返さなかったのはタモツだし。
あー、ただ、そこで引き返したところで最初に罪を犯したのは戻らないんだよね。(知らずにとはいえ)

四ツ葉はなあ…。最後のあれは仕方ないとして。
「自分を大事にしない人は他人も大事にできない」という言葉を贈りたい。
あと「愛する」より「愛される」を選んだ的な台詞で『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』を思い出しました。
繰り返しになるけど可愛かっただけに悲しかった。
お母さん思ってたよりきつかったです(精神的に)。最後の最後に改心したのが救いだったけど、その後さー…ねえ。
婚約者の役者さん、胡散くさ過ぎて素晴らしかった。
あ、ただ、何で婚約者があのこと知ってたんだろう。そこだけ疑問。(もっかい観たらわかるかな)

アフタートークではネタにされてましたが、みかしゅんさんのカリスマ性はマジですごいと思いましたよ。今年観た舞台でもすごかったもんなあ。
谷口さんはアマゾンズが観たいけど観たいもの多すぎて時間がない。(観られる環境ではある)
畑中さんとなるせゆうせいさんの出会いはこの作品だったんですね。
よく調べたらこの翌年の『不毛会議』も脚本なるせさんで演出ほさかようさんじゃないですか。観るしかないか。(これも前から気になってる)
関連記事
ネガティブな内容はなるべく文字にしないようにしているんですが(読み返しても楽しくないから)。
ネガティブというか危機感を覚えたので。

今冬、新神戸オリエンタル劇場でキャラメルボックスの公演がないってマジですか。(劇場問合せ済み)
『スロウハイツの神様』の加藤さんのコラムで知ったんですけど、知ってからすっごい落ち込んでる…。
確かに昨年からステージ数減ってたし、今年も4ステージとかしかなくて「そんなに厳しいの!?」と思ってたんですけど、まさか過ぎて辛い。
西日本のキャラメルボックスファンってそんなに少ないの? キャラメルを関西に呼ぶために私は何をすればいいんですか。
夏も観られなくて凹んだというのに…どうすりゃいいんだろう。
嫌よ、この先DVDでしか観られないなんて。
お金は出せる範囲で出してるのでそこは許してください。複数ステージ行ってるし、CSC入ってるし、DVDもグッズも買ってるし。

劇場には友達と二人で問い合わせたのですが、回答はコピペ改編であまり心が感じられる内容ではありませんでした。
何か担当さんが変わっちゃったとかなのかなあ…。
本当に私でできることならやりますから何かやれることがあるなら教えてほしいです。
関連記事
DSC_0512.jpg

(綺麗な景色だったので。撮影は携帯)

タイトルの通り、水没したポスト・アポカリプス的な街へ、主人公の少女が負傷した弟を連れて船で流れつくところからスタートです。この弟のために灯りとか薬とかを探しに行く流れでゲームが進みます。弟は重傷ですが、リアル時間制限とかがあるわけではないのでゲーム不慣れな人もご安心を。
内容は『ICO』+『アクアノートの休日』みたいなアドベンチャーで(海の中に入るわけじゃないけど)、上下の動きはありますが落ちて死ぬとかのアクション要素はありません(今のところ)。なので、ゲーム要素より物語を楽しみたい人の方が向いてるかも。
基本的には、船で辺りを探索する+望遠鏡で辺りを見回す→チェックポイントや物資を発見する→その建物に行く→登って建物を探索する といういたってシンプルなものです。しかも、建物の探索の順番は特にないらしく、発見さえすればどの順番でもよいそうな。(ゲーム中の説明はないので、他の人の感想を読んで知ったことだけど)
なので、私も「これ途中で飽きるんちゃうか」と思いながらやってたんですけど。
このゲームって台詞による説明がほぼなくて、チェックポイントとか物資を集める度に、象形画みたいな絵が別画面で見られるようになるんですね。これが「少女の生い立ち」とか「世界が水没した理由」を示しているっぽく。それがめちゃめちゃ切なかったんです…。「あ、あああ、そういうことかー…(涙)」みたいな。絵だけだから余計に切ない。
しかもさー、物語が進んだら、これ実は『ICO』じゃなくて『ワンダと巨像』なんじゃ、っていう…(ゲーム性じゃなくて物語が)。私もまだプレイ途中なので実際のところはわからないんですけど。
あ、あと時折流れるBGMが最高です。

ちょっと不満点も挙げると、
・洋ゲーなので○と×が日本と逆
・洋ゲー移植にありがちな無味無臭なフォントおよび雑な翻訳
・最初からどこにでも行けるので方向音痴(私)には逆にちょっと辛い
とかはありますね。

でも、お値段もそんなに高くないので、上記の感じでよければネタバレ見る前にやってみて下さい。
関連記事
今年の誕生日に友達がプレゼントしてくれたのですが、あまりに恐れ多くてなかなか塗れてません。

「これならまだ塗れるかな…」と最初に恐る恐るチャレンジしたのがこちら。
髪の青と空の水色が思いっきりかぶってますが、どうしても青髪にしたかったんや。
s_KLDoj_BN.jpg


次が『四畳半神話大系』の特別放送を観終わった記念で、頑張って勢いで塗ったこちら。明石さん美しい。
こちらは頑張って色数減らしました。これを11色で塗っちゃう中村さん凄すぎる。やってみてわかるその難しさ。
s_3vZf65Wq.jpg

どちらも1回ステッドラーのノリスクラブで塗っていたんですが、前記事でも書いた通り薄すぎて写真撮ってもいまいちで。
ダーウェントのソフトカラーで全部上から塗り直しました。前よりは納得いく出来になった…かな。
関連記事
(PCなら写真はクリックで拡大)

同居人さんがお盆関係ないお仕事で、タイミングが合ったので今年は早めに帰省してきました。(私の実家に)

昨年も書きましたが、帰省すると必ず行くのが海! 歩いて5分なので。

KIMG0066.jpg

元々海は見るのも泳ぐのも好きでしたが、2・3年前に同居人さんからシュノーケリングを教えてもらって以来さらに楽しくなってしまい、海に入ったらひたすら浮いてます。(そんなにバシャバシャは泳がない)

さらに、今年は同居人さんのスマホが京セラのTORQUE(トルク)に変わり。

KIMG0058.jpg

何と水中撮影が可能に! 技術すげえええ!
(海水に浸けた後はカバーを外して丸洗いできます。というかしないといけない)

KIMG0049.jpg

沖に思われるかもしれませんが、1枚目にあるような砂浜すぐ傍の岩場でも小魚がたくさんいます。もう少し暑くなったらイカも出てくるのかな?(いつぞや見た)
流石にまだ水が冷たかったですが、誰もいないので色々な意味で海が綺麗でした。
(曇り予報だったけど何とか晴れる時間帯もあったし)

KIMG0107.jpg

シュノーケリングを覚えてからというもの、「この見ている風景を伝えられたらいいのに」と思っていたんですが、まさか本当にそんな日が来るとは。
実は一番見せたかったのは、「砂浜の底に映る陽の光」でした。

KIMG0109.jpg
関連記事
ふはは、radikoプレミアム入ったったわー!
酒井さんのラジオ番組が東海ラジオで始まったのは知ってたけど、どうせリアルタイムで聴けないしなー、と思ってて。(寝るから。元々、夜は弱いです)
しかし今回のソウルネツアーが大変素晴らしかったのと、radikoプレミアムがドコモ決済可能だということが分かって、勢いで入っちゃいました。
ドコモ決済でもログインすれば、どのスマートデバイスでも聴けます(私はタブレット)。エリアフリー・タイムフリー(一部)です。わーい、やったーやったー!

私が聴き始めた回で、酒井さんのおすすめの本1位が『アルジャーノンに花束を』だったので、「キャラメルボックス再演しないかなあ」と独りで思った次第。
原作は高校の頃に図書館で借りて読んで、その後キャラメル観る時に買いました。好き、と言ってしまっていいのか。でも、淡々と書いてあるから受け入れてしまうというか。全然嫌いではないです。また読み直そうかな。

ところで、「椅子になりたい」が北山さんにバレてて爆笑しました(会報ネタ)。やっぱりみんな書いてますよね!(力説)
関連記事
私のルネッサンスツアーが終わりました。
楽しかった。楽しかったなあ。帰りの電車では魂抜けかけてました。
1回ライヴ行って、改めてアルバム聴いたら聞こえ方が違って新たな感動がありましたね。その上で、もう一度ライヴに行ける喜び。

まあ、あれやねん。(何だ)
何か真面目ぶって書こうとしてたけど、席が7列目で結構な確率で酒井さんの真正面(もしくは一番近い)だったんですよ。
そらあかんやろ。魂抜けるやろ。序盤、完全に目が泳いでました。
自分の心臓の音がうるさかったのは久々です。
こんな素晴らしい座席に配置して下さってありがとうございました…!(涙)
でも「三次元は私を視認してくる」というツイッターで見た言葉が忘れられないので肝に銘じてます。いや、その前から肝に銘じてはいたけどさ。(参照:https://togetter.com/li/1084933)(私も二次元も好きよ)


このブログ完全に自分のためだし誰も知らなくていいし誰にも知らせなくていいと思ってるので(←ごめんこれが言いたかっただけ)ツイッターに込み入った感想は書かないのですけど書いた方がいいんでしょうかね。
(とは言えエゴサーチなんてツイッターがメジャーになる前からされてるだろうしこのブログも御本人にも読まれる覚悟で書いてる。観劇の感想とかも)
ツイッターって「川」ってイメージだしなあ。どんどん流れていっちゃう。遡りたくても遡りにくいし、何より字数が全然足りない。
私は自分用のダムを作っていつまでも独りで眺めていたいのです。
それをたまたま通りかかった人が眺めて「良いダムですね」と思ってくれたらそれでいいんです。(人工なのでダムに例えました。本当は湖のイメージ)
あ、あと「心の中に宇宙を飼ってる」と思われたい。日本語おかしいのはわかってるけど。

さて、別ページ用の感想頑張って書こう。(別の映画の感想もまだ書けてないけど…)
 →書きました。レポじゃなくて感想です。完全ネタバレ注意。
関連記事
ブログ内検索
カレンダー+月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
記事リスト
表示中の記事
→次
アルバム
最近のコメント
プロフィール

海月かなた

  • Author:海月かなた
  • もうブログという文化も廃れつつあるのかなと思う昨今いかがお過ごしでしょうか。

    『くらげかなた』とお読み下さい。呼ぶ時は『くらげ』でどうぞ。人様の所にコメントを残す時も『くらげ』です。

    *登場人物紹介*
    ・れんげさん:メス10歳。白黒。2006年6月誕生&来国。れんげ王国を治める女王。幼い頃は王子として育てられたw 男前で冷静沈着に見えるが意外とドジっ子。
    ・わたげ殿:オス7歳。白。女王の3歳の誕生日(2009年6月)に王国に迎えられた。超食いしん坊&甘えん坊の(大きさだけは)キング猫。せっかくオッドアイなのに性格が強烈過ぎて神秘性ゼロ。

    ・カテゴリー説明は自己紹介にて。自己紹介も時々更新してます。


    クリス・ベノワ選手と松田直樹選手をずっと大好きでいたい。

応援してます
キャラメルボックス公演情報


私的リンク
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する