ネコと紫の日記帳

ひたすら己の趣味の備忘録。読んで下さる方ありがとうございます。

キャラメルボックス『スロウハイツの神様』再演・2

(完全ネタバレ注意)

結構時間が経ってしまったけど、せっかく途中まで書いたので。たぶんまた思い付いたことからしか書いてないので、読みにくかったらすみません。

とりあえずどうしても書きたかったこと。山本さん(2回目)、あのタイミングで出てくるのずるくない!? あんなボロボロ泣かされてる中で出てきたら笑っちゃって仕方なかったですよ! 「やられたー!」ってなりましたよ! 1回目も面白いのは面白かったけど、あのタイミングで2回目だから笑っちゃったの! あーもう、さつきさん好き…! さつきさんも4役だよ、すごすぎるよ。『凍りのくじら』買って読みます。(芦沢さんの高校生の頃なんですよね?)

すべての事情を無視して言うと、やっぱりこの物語は休憩ありの2時間半とか3時間でやってほしかったなと。(『ゴールデンスランバー』でも感じたけど)2時間では足りなかった。原作読んでない人に2時間で伝わったのかなとちょっと心配。(実際私はビデオライブだったとはいえ伝わらなかった)
確かに環とコウちゃんに焦点を当てたみたいなことを成井さんが初演の時に言ってた気がするけど、でも原作は1人ずつ主役みたいなものだし、そもそも成井さんの脚本の持ち味が「物語の主役以外にもちゃんとそれぞれの人生がある」ところだと私は思っているので。そこを切っちゃうのはすごく勿体なかったなあと。
自分で書いて思ったけど、そうだよ、コウちゃんも最後以外は脇役みたいなもので、最後の最後に主役が回ってくるわけで。せっかく生身の体に魂が入るなら、それぞれの役が主役として動くところが見たかったなあと。
狩野君の漫画を読んで環がうっかり泣かされてしまうところも見たかったし、スーと環が五十嵐アパートで言い合うところも見たかったし、スーがスロウハイツに帰ると決断して五十嵐君と言い合うところも見たかった。飲まず食わずでぶっ倒れてた環の家に押し掛けて味噌汁作ってあげるところも見たかった。
舞台だけだとスーの魅力が全然伝わってない気がする…。あの子、ちゃんと自分の足で立ち上がったんですよ。そりゃ、付き合った男をダメにするタイプだとは思うけど。(途中までは)
マサ君は原作だとすみれをそんな下に見てなかったような気がしたんだけど、どうだったっけ(原作貸してしまったので確認できない)。なので、本当にすみれが馴れ合いや甘えている現状を変えたくて別れたみたいなイメージなんですけど。
五十嵐君は付き合ったら豹変するタイプだったのだろうか。まあ、スーが絵を描いている間は外で飲んでるとかやってる時点で「ダメだこいつ」とは思ったけど。奥さんが風邪で寝込んだら「俺は外で食べるから気にしないで」とか言っちゃうタイプっぽい(奥さんのご飯はどうする)。でも、最後にスーが仲良くしてる彼氏って五十嵐君のことだよね…? スーが飛び出して色々考えて変わったんだろうか。

舞台のことで言うと、最初の事件が起きてコウちゃんが突撃インタビュー(と言うと何かポジティブな響きだな)されてるシーン。普通に本役持ってる人達が記者役を兼ねていたのですが、一番厳しく追及しているのが環役のきりちゃんで「これが舞台の面白さだなあ」と思いながら観てました。
一番真ん中にいるけどお客さんには背を向けているんですよね(コウちゃんが客席側向いてるから)。なので、どんな表情をしているんだろうととても気になりました。大内さんだけが正面から見てる(はず)。ちょっと羨ましい。(でも背中しか見えない演技って好き)

幹永舞さんのネタばらしはわかりやすくなってて本当にありがたかった! 説明台詞だろうが何だろうが伝わる方が大事! 私、本当にビデオライブの時ぽかんとなって置いていかれたので…。あれは悲しかった…。
狩野君の「自分が作る話に毒を入れたくない」という気持ちが一番わかるような気がしました。あ、マサ君の「見終わって『面白かったー!』というだけの作品でいいじゃないか」(うろ覚え)もめっちゃわかる! 大事なことですよ。

あっ、忘れちゃいけない莉々亜ちゃん。加々美莉々亜ってすごい名前だ。ゴスロリ姿の玲衣ちゃんを生で見られて私は満足です。可愛かった! 個人的には黒莉々亜が好き。(衣装の話)
彼女がスロウハイツをかき乱したわけだけど、それも結局は黒木さんの差し金だからなあ。勝手に勘違いしたのは周りだし。それを利用しようとした(のと、そもそも勘違いさせようとした?)強かさはあるけども。
「世界と繋がりたい」ってのはみんなそうじゃない? だからパクツイとか無断転載とかが山程あるわけで。その辺りで彼女を責める権利はないというか。
というところまで書いて、他の本にも莉々亜が出ていると知って買って読みました。短編集『光待つ場所で』の中の『チハラトーコの物語』。これ読んだら、ちょっと動機が分かったような気がした。「コーキの天使ちゃんだよね?」って聞かれて肯定したのも、相手が喜ぶから、相手がそう望んでたから、なのかなあと。息を吸うように虚構を作り出すけど、本人の中では筋は通してたみたいだし。
『チハラトーコの物語』を読んだら『スロウハイツの神様』の印象もがらっと変わってしまった気がする、いい意味で。何を思って冬子ちゃんはスロウハイツにいたのかなと。原作読んでも莉々亜の結末がえらいぶった切りだと感じてたので、これを読んで何か納得しました。
「一緒にしないで」って怒られそうだけど、私は冬子ちゃん側だと思うから。環が羨ましいのです。いやまあ、環は環で大変なのはそうなんだけども。不器用だし。自分の限界以上に抱え込んじゃうし。あと、冬子ちゃんも私よりすごいと思う。一緒にしたら怒られる。

次は夏の『エンジェルボール』続編かな。『ナツヤスミ語辞典』観たかったなあ。

今年は桜をたくさん観ました

画像を載っけるのがツイッター経由の方が簡単なので、ツイッター埋め込みですみません。
今年は花冷えもあって桜が長く楽しめてよかったです。
桜の下にシート敷いて的なやつではなく、通りすがりばかりですが楽しかったし綺麗でした。でもまだ寒いですね…。









キャラメルボックス『スロウハイツの神様』再演

(※ネタバレ注意)
(※思いついたことから書いてるので読みにくくてすみません)

ついに行ってきたよーーー!! 初演は大阪なかったの! なので『光の帝国』の時のビデオライブで観ました! 実を言うと話の流れが速すぎて付いていけなかった! 完全に置いて行かれた!(『光の帝国』の直後だったので頭が切り替えられなかったのもある)
今回再演決まってどうしようかと思ったけど、弟と一緒に行くことになったのでチケット取りまして、ちゃんと予習しようと思って原作買いました! 上巻は「うーん?」と思ってたけど下巻が面白すぎて2日で読みました!
チケットは、最初は千秋楽にしようかと思ったんですけど、先行抽選を逃して先行予約だったので良い席はなくなってて、土曜で見てみたらまだまだ良い席が残っていたので土曜の昼回にしました。本当に良い席でしたよ。役者さんと同じくらいの目の高さだったし、ほぼど真ん中だったので。
そしてついに生観劇!
もう…泣いた…。脱水症状起こすかってくらい泣いた…。やっぱり原作読んでおいてよかった…。
もう原作もあるし再演なのであまりネタバレ気にしないで書きますね。
ってことで、環とコウちゃんってラストシーン時点でまだ付き合ってないの!? どうなの!? あれで付き合ってなかったら嘘でしょ!? と思ったんですけど、よくよく考えると、コウちゃんって環にストーカー(※違います)のこと話したんでしょうかね? 原作でもあくまでコウちゃんの回想だったような気がするし。でも4年後の2人を見ると、雰囲気的には知ってないとおかしいしなー。あ、あと付き合う付き合わないの話だと、コウちゃんが告白するけど環が途中で遮って「私がアカデミー賞を取ったらその時に私から言うから」とか言いそうなんですけど、どうですか。(なので4年後ではまだ付き合っていないみたいな)(熱心な辻村さんファンでないので解釈違いでしたらすみません)
そうそう、個人的に今日一番気になっていたのは、環が「赤い石の指環」(あえてこっちの漢字にする)をしているかどうかでした。実際観て、指環はわかったけど肉眼だと流石に石の色は見えなくて、トーク&フォトブックを買ったら初演の写真が載っていて、そこで赤い石だとわかりました。指環がコウちゃんの作品に出てくるマディの変身アイテムで、コウちゃんの大ファンである環はそれを模して着けているという描写が原作にはあるのです(実際のグッズだったっけ? 今、確認できない)。ので、実は私も赤い石(ちょいピンク入ってるけど)の指環をしていきました。痛くてすみません。
でもこれって、コウちゃんが環に出会ったからこの設定になったんであって、それを知らずに環が指環をしているという壮大な両片想い…。そう! 今回ようやくわかったけど要するに『スロウハイツの神様』は両片想いのお話でした! 周辺にミステリー要素とかヒューマンドラマ要素があり過ぎて見えなかったけど、要するに両片想いなんですよ! もう付き合えや!(キレる)
この2人も『賢者の贈り物』的な感じなのかな。想い合ってるがゆえにすれ違うというか。お互いに、生い立ちとかそれに伴う性格が邪魔しちゃったみたいな。
あー、でもやっぱり最後、環が「そこで待ってて!」って言ってるから、もうわかり合ってる気がする。よかった。本当によかった。
ここから『スロウハイツの神様』だけの話じゃなくなるけど、何かやっぱり生身の破壊力ってすごいなって感じた。最初のダンスシーンで既に泣いてたので、「やっぱり観たかったんだ」と思った。私は! キャラメルボックスを! 『スロウハイツの神様』を! 観たかったのです!
関西も全国の中では観られる方だけど、やっぱり東京だけでやってると羨ましくて仕方ないんだー!! 心が死ぬんだー!! 申し訳ないけどこれが嘘偽りのない本音なのでー!!
テンションおかしい記事になったけど、それなりに自分が解放できた気がするので私は満足です。役者さん個人個人の感想も書きたいと思ってます。あっ、唯一再演からのキャストになった島野君めっちゃよかった! 島野君、もう既に名バイプレーヤーだと思ってるんですけど。(『夏への扉』が5役、『エンジェルボール』が6役、今回が4役とのことでした。すげえ)

劇団Patch『SPECTER』再演・感想

(※完全ネタバレ注意)
(※ある程度わかっている前提の感想になっていると思います)
(※気になっている所から書いているのでとりとめがないです)
(※TRUMP・SPECTER・グランギニョルだけ観ている人間の感想です)

ということで観てきました、劇団Patchの『SPECTER』。TRUMPシリーズだけど作品によって色々なところでやっているので、『SPECTER』は劇団Patchだし、『LILIUM』はハロプロなんですよね。
キャスト発表された時に、昨夏にキャラメルボックスのゲストに来てくれた田中亨君のお名前があったので、それもあって観に行きたかったのです。有名どころでは刀ステのお小夜ちゃん(小夜左文字)役の納谷健君の名前もあり。あとは何といっても、初演の臥萬里役だった中山義紘さんがまさかのクラウス役にコンバート。「クラウスやで? そんなん楽しみしかないやん」っていう。
でも再演を観て一番好きなのは、今回の臥萬里である松井勇歩さんでした。初演ではヒューゴ役だったらしいけど、あまり覚えてない…すみません。
正直なこと言ってしまうけど、『SPECTER』は『グランギニョル』ほどには感情移入できなかったんですよね。前半が物語の情報として必要なのはわかるんだけど、お芝居としてはあまり楽しくないというか。
なので初演を映像で観た時は「なるほどね」くらいだったんですけど、今回は臥萬里が好きすぎました。何でだろう。あんまり初演と再演の違いもはっきりとは覚えてないんだけど。
あとクラウス。これを書いていいのか悪いのかわからないんだけど、中山さんのクラウスがナチュラルに陳内将君のクラウスに近かった。好きという意味で。無理に寄せたとかという印象ではなく。第一声を聴いた瞬間から「えっ、これ陳内君のクラウスじゃない?」って。御本人がそういうつもりじゃなかったら申し訳ないけど、でも何かすごく同一人物に思えたんですよ。

(ここからネタバレ)
 

劇団Patch『SPECTER』再演・前置き

満を持して、ついにTRUMPシリーズを生観劇してしまいました。と言っても、このブログでは書いたことないので何のこっちゃかもしれない。
TRUMPシリーズとは、長い歴史の中で突然変異的に生まれたとされる吸血種(と人間)の物語でして、第1作の『TRUMP』は吸血種の繭期(人間で言う思春期)に入った少年達がクランと呼ばれる全寮制の学校みたいなところで何やかんや起きる物語となっております。(すごくマイルドに書いた)
吸血種といっても太陽とか十字架を苦手とするわけでもなく、血を吸う以外はほとんど人間と同じ。血を吸うというよりは「咬む」ことの方が重要で、吸血種同士で咬まれた側は咬んだ相手に強制的に主従関係を築かれてしまうのです(その強さは咬んだ側の強さによる。ちなみに人間は牙の毒に耐えられず死ぬ)。これを「イニシアチブ」と呼び、厳しく禁じられているんですけど、まあ物語のキーワードなのでしょっちゅう誰かが誰かに咬まれていますね…仕方ないけど。
私が『TRUMP』を最初に知ったのは高杉真宙君と早乙女友貴君が主演を務めるNAPPOS UNITED版でして(キャラメルボックス繋がりでチラシが来た)。好きな若手役者さんもいっぱい出てて、吉田メタルさんとかキャラメルの岡田達也さんの名前もあって、でも全然物語の内容は知らなくて、ただただ世界観がゴシックで耽美だったのでものすごく興味があったんですけど、一瞬でチケットが売り切れたんですよ。なので「あ、縁がなかった」とそれはそこで終わりました。
その後、うちはケーブルテレビに入っているので色々番組を検索していたら、何とDステ版の『TRUMP』が放送されたのです! 西井幸人君と三津谷亮君が主演のやつね。「あ、これあの時気になってたやつだ!」と録画して観ました観ましたとも。「え、えええ…」ってなりながら。
しかも『TRUMP』って伝統的にキャストを入れ替えるんですよ。主要登場人物がソフィとウルという2人の少年なんですけど、1回の公演でTRUTHキャストとREVERSEキャストがあるのです。つまり、みっちゃんがステージによってはソフィだったりウルだったりするのですね。これがソフィとウルだけじゃなくて他のキャストも入れ替えが発生するので、「そんなんどっちも観たいやんけ!」となるわけです。
西井君とみっちゃんは、一言で表すと西井君がピュアでみっちゃんが陰のある感じなので、どっちも大変美味しかったです。本当にどっちも捨てがたい。ただ、続編ではみっちゃんがソフィで続投しているので、その気持ちはとてもわかる。
さらにその後、何と『TRUMP』の過去の時系列である『SPECTER』と『グランギニョル』が公式に1回だけYouTube配信されまして(『グランギニョル』はその後、日テレプラスでも放送されました)。『SPECTER』は「なるほどね」くらいだったんですけど、『グランギニョル』でアホほど号泣しまして。映像で観てるだけなのにラストシーンで咳き込むほど泣きました。今思い出してもまだ泣きそうになる。
その辺からですね。「あ、TRUMP沼は深すぎた」とちょっと後悔したのは。『マリーゴールド』という新作もあったのはわかっていたのですが、ちょっと怖くて観に行けませんでした。ライビュならもしかしてチケット取れたかもしれないけど心の準備が整わなかった…。『LILIUM』は再演してほしい。

で、今回『SPECTER』の再演があったのもわかっていたんですけど、どうしようかなと迷っていて。
さて、ここでTRUMPシリーズの生みの親、末満健一さんのお名前を出すのですが。末満さんは『刀剣乱舞』のステージの方も手がけられておられます。私、昨年末に友達に誘われてミュの乱舞祭(ライビュ)からだけど『刀剣乱舞』の世界に入ったんですよ。ステが末満さんなのは知ってたんですよ。
乱舞祭ライビュの後で誘ってくれた友達に「そういえば、末満さんのTRUMPって知らない?」という話をしたんですね。「気にはなってる」って言ってくれたんですね。「うちに来てくれたらHDDで『TRUMP』観れるよ」と囁きかけまして。さらに『グランギニョル』が再放送してたみたいで、その友達がわざわざ録画してくれたんですよ。「これ先に観てもいいの?」って訊かれたので全力で引き留めました。(※個人の体験によります。先に観ても大丈夫は大丈夫です)
年が明けてタイミングがあったので友達を家に呼んで『TRUMP』を観せました。
友達が家に帰って(少し経ってから)『グランギニョル』を観ました。
そこから私達の合い言葉は「末満さんはひどい」です(真顔)。で、そこからもう一度会う機会が作れて、友達が「…『SPECTER』どうする?」って(笑)。その時点でチケットが売り切れてたらいいかと思ってたのですが、調べたら何と残っていたので2人で行くことを決めました。前置きが長すぎてすみません。行こうって言ってくれる友達本当にありがたい。
久しぶりの森ノ宮ピロティホールでしたね。ほぼ最後列でしたが、意外とちゃんと見えました(オペラグラスも持っていって使ったけど)。
ちなみに『COCOON』も「行こう!」ってなって友達がチャレンジしてくれたのですが、残念ながらご用意されなかった模様。だよなー。新作だもんなー。みんな観たいよなー。

ということで次の記事でやっと『SPECTER』の感想を書こうと思います。

『PRINCE OF LEGEND』劇場版

(※後半ネタバレが入っているので注意)

結論から申しますと泣きました。めっちゃ泣きました。失礼な言い方だけど、まさかプリレジェに泣かされると思ってなかった。すごくいい映画だった。
あのー、LDHはちゃんと劇場版の冒頭で毎回説明してくれるけど、でもやっぱりドラマ版から観た方がいいですよ。ハイローは劇場版→ドラマ版でも補完になるけど、プリレジェはできればドラマ版から観てほしい。
ただ、最終的に劇場版に力を入れるので、ドラマ版だけでめっちゃ面白いかと訊かれるとそうではないのが難しいところ。なので、正直言うと劇場版がどんな物語になるのか全然予想がついてなくて微妙に不安でした。と思ったらめちゃめちゃ面白かったんだけど。ある意味ではハイローより好き。
あの、LDHすごい本当にすごい。LDHというコンテンツが私の中で今一番熱い。だって課金(ソシャゲのという意味だけではなく)したらちゃんと(次の作品とかで)リターンが返ってくるし、LDHだけじゃなくて外部の役者さんもいっぱい使ってくれるし、でも自分のところの若手も毎回少しずつ投入してちゃんと育ててるし。基本は音楽関係なんだけど、それ以外のお仕事もできるようにしてるんですよ。すごくない?
でも何より、ちゃんと観たいものが観られる! 実はこれが一番大きい! 例えばハイローだったら佐野岳君のアクションとかさ! 「そうそれ! ずっと観たかったのそれ!」みたいな! 佐野君別にLDHじゃないんですよ!? ありがとう本当にありがとう。
あと監督さんの裏話とかで聞くのは「お金を惜しまない」。関係者の試写で反応がイマイチで、追加撮影したいとなったら惜しみなく出してくれると。邦画でそういうことしてくれるってあまりないらしいので素晴らしいなと。あとは役者さんがよく差し入れの豪華さに驚かれてますよね。『たたら侍』の時に山の中にコンビニが1軒作られたとか(笑)。

『PRINCE OF LEGEND』は『HiGH&LOW』に続くLDHのプロジェクトで、メインはGENERATIONSの片寄涼太君で、その側近に『獣電戦隊キョウリュウジャー』の塩野瑛久君と『仮面ライダーエグゼイド』の飯島寛騎君がいるという特撮ファンも熱くなる構成。というか、私がプリレジェを観てた原動力の一つは塩野君だ。他チーム(3B除く)がほぼLDHだったことを考えると、メインの側近に外部の人を入れてくれたのって本当にありがたかったなと。
ハイローはひたすらに熱かったですが、今回は完全女性向けということでみんなキラキラ男子。殴る蹴るも好きですけど『アンジェリーク』(乙女ゲーム)も好きな私は、世界観に特に違和感はなく入り込めました。学園の設定とかがあそこまでぶっ飛んでくれる方がすっと入れます。
ヒロインというかヒーローは白石聖さん演じる成瀬果音(なるせ・かのん)。果音が色んなきっかけで色々な男の子から惚れられているので、いわゆる乙女ゲームの主人公ポジションなんだろうなと思っておりました。が、(最初はそう見せてないんだけど)とてもクールで現実主義な彼女は一筋縄では行かず、全くなびかない。というのが、世の中の女の子にどう受け取られたのかは気になるところ。私は大好きですけども。
本当、あの、聖ちゃん大変だったと思う…。LDHって女性ファンが殆どなのに、そんな中、人気絶頂の人達から一斉に惚れられる役って…。(それで言うと、王子選手権で壁ドンされたりお姫様抱っこされるモブの女の子達もすごかった)
だから、果音がこんな感じだったのでドラマ版はそんなに物語が動かなかったんですよね。それもあって劇場版の予想が全然つかなかったんですよ。だからこそ泣かされました。だからこそドラマ版から観てほしい。

(この辺からネタバレちょっと入るのでお気をつけ下さい)

ちなみに、ドラマ版だけで果音のカップリングで好きなのは年下組でした。ヤンキー王子/弟の竜ちゃんと、ダンス王子レッドの光輝。果音がストーカーされてるかもって時に2人で送り届けてたのが可愛かったし優しいなと思ったから。他は、奏は夢見すぎだし尊人は一方的だし、生徒会長は奏ありきだし。
それにしても、竜役の川村壱馬君は歌ってると大人っぽくて顔が全然違うのでビビる。竜ちゃんの時の方が年相応といった感じで微笑ましい。光輝の吉野北人君はTHE RAMPAGEで最初に顔と声を覚えてました。
さて、推し王子はドラマでもゲームでも塩野君演じる久遠誠一郎さんです!! そらもう塩野君だし、メガネだし。ゲームでも推し王子にしてて、ゲームの方は完全に乙女ゲームっぽいんだけど、でも私、彼の恋路を応援したいんだけどどうすれば…。
そう。最初に劇場版で泣かされたのは誠一郎さんでした。「あっ、背中押すんだ。そうなんだ!」って泣いた。だって誠一郎さんも泣いてたもん。ぎりぎりこぼれてなかったけど、あれ泣いてたもん。
涙と言えば鈴木伸之君演じる尊人もね。こっちは泣かされるというよりかは息を飲んだ。あの切り取り方が美しい…というか、あー、何て言ったらいいんだろう。美しいけど美しいよりもう一段階上みたいな。物語としても感動したけど、役者としての伸君に感動した。台詞の一切ない『JAM』も素晴らしかったけど、あれを観たからこそ尊人が素晴らしい。
尊人はだって、結局気付いたのは彼だったわけじゃないですか。いい子だなあ、って。

ストーリーの核心はちょっと置いといて。(観てほしいから)
続編あるっぽいですね! 嬉しい! しかも亜嵐君が敵対グループのリーダーっぽいよ! GENERATIONSのみんなが舞台挨拶でそれをいじってたのが面白かったよ!(笑) 亜嵐君のInstagram見たけど、本当に「Here I come」書いてあって笑ってしまったごめん。
あと廣瀬智紀さん! マジか! ラスカルズのMARCOで『刀剣乱舞』映画版の鶯丸さん! まさかプリレジェでも拝見できるとは! 早く続編観たいやんけ! 戦うの? 戦っちゃうの?
ところで最後に一瞬映った光輝さん。光輝さんだよね? え、まさかの悪堕ち? 最後にすごいのぶっ込んできたな。びっくりしたわ。何でそうなった。
あー、あと続編あるなら他のチームももっと掘り下げてほしい。生徒会長が玲於君が演じるにしては奏へのライバル心以外、あまりバックグラウンドがなかったので。玲於君ならもっと難しい役できるんだから! 写真渡してくれたのはいい人だったけど!

桜も好きだけど梅も好き。

近所の公園で梅が満開を迎えまして、自分としては会心の出来で写真が撮れたのでこちらにもツイート埋め込みで載せておきます。自己満足! ちなみにこの品種は楊貴妃さん。
Instagram(このブログのどこかにリンクあります)には8枚載せておきました。
大阪城公園も観に行きたいけど、タイミングが合わない。毎年行ってたので行きたいんだけど。