ネコと紫の日記帳

ひたすら己の趣味の備忘録。読んで下さる方ありがとうございます。




戦隊色々。 :: 2017/05/28(Sun)
amazonプライム+PS4のアプリで、amazonビデオがテレビで観られることが判明し、今日は午後からずっと戦隊の映画とかVシネマを観ています(観たいと思ってたけど機会がなかった)。幸せですね!!
とりあえず観たのは、デカレンジャーの『10 YEARS AFTER』と、ゴーバスターズの『VS動物戦隊』と、キョウリュウジャーの『100 YEARS AFTER』と、シンケンジャーの『天下分け目の戦』。どれも面白かった…!

デカレンジャーは大人になってから戦隊にハマったきっかけです。何で観ようと思ったのかは覚えてないんだけど、その前の戦隊から友達が面白いって言ってて(タイムレンジャーとかアバレンジャーとか)、新シリーズ始まったから観てみようと思ったのかな。そしたらめっちゃ好みの物語だったという。ちょっといがみ合ってるところからだんだん仲間として結束が固まってくるってやつね。その10年後とあれば観るしかない。デカギャバン(『スペース・スクワッド』)も公開を控えてるし。
声優の上村祐翔さんが10年前も子役で出てて、今回ジャスミンと結婚してる役なんですけど、最近上村さんを『声優男子ですが…?』で認識してデカに出てたことは知らなかったので(その回自体はリアルタイムでちゃんと観てた)、すごく不思議でした。大人になったね。(ほろり)

ゴーバスターズは、13年前の事故がなかった世界に泣いた…。そりゃね、本当はあんな事故なかった方がよかったよね。陣さんも生きてるしね(涙)。ちゃんとキャストさん達が「事故がなかった世界」を演じてるのがすごい。
でも、これって公式がパラレル+学パロやってるんだと思ったら心の底から面白かったです。教育実習生のヒロムと高校生のヨーコちゃんという組合せはそれはそれで萌える。(赤黄派)
あとダイジェストでパラレル版が進んでいくことにお腹を抱えて笑いました。しかも緑って鈴木達央さんだったのか! マジか! ウサダか! もっかい観なきゃ!
ゴーバスターズは、人間とバディのお互いの呼び方が何か好きです。信頼し合ってるんだなというか。

キョウリュウジャーは推しCPがまさかの公式になったので、100年後にその2人の曽孫が出るとなれば観るしかありませんでした。
竜星涼君が本編と全然違うヘタレを演じていたのはそれはそれで素敵でしたが、やっぱりダイゴが好きなのでちょっとでも出てきてくれて嬉しかったです。
100年後で一番笑ったのはウッピーかな。空蝉丸は(ちょい天然だけど)あんなに恰好良いのに!(笑)
あとキャンデリラ様ね! 100年経っても人間のために頑張ってる、頑張ってるよ!(涙)
トリンは相変わらず恰好良かったなあ…。トリンと森川さんは別人です、はい。(※『はっぴーぼーらっきー』楽しく観てます)

シンケンジャーは、松坂桃李君を最近好きになった人でもとりあえず観てほしい。桃李君が好きなら観てほしい。私もリアルタイムでは知らなくて後から観た人ですが(ネタバレも知っちゃってた)、それでも物語としてすごく面白かった。一番好きなのは千明(緑)だけども!
こんなこと書くと何ですが、私は闇を抱えた桃李君が好きなので、『サイレーン』で(恋人が死んだと思って)ぶち切れた時とか『日暮旅人』とかも大好きです。その「闇を抱えた桃李君」の原点がシンケンジャーです。もちろん闇を抱えてなくても好きなんだけどね!

今は『ゴーカイジャーVSギャバン』を観てます。これは映画館も行きました。ゴーカイジャーが今でも一番好き。何が好きって、敵地に潜入する時にジョーが5人の中でちゃんとしんがり務めて後ろに気を配ってるとかそういうところが好き。6人(鎧加入後)のどの2人もしくは3人になっても、ちゃんと関係性があるところが好き。あとアクション! 変身前も後もすごい!
戦隊とかライダー出身の役者さんが今も活躍してると嬉しい限りですね。(できる限りチェックしてる)

P.S.
その後、『帰ってきたシンケンジャー』(これは観たことあるっていうか大好き)と『トッキュウジャー VS キョウリュウジャー』も観ました。何だこの至福。竜星君の運動神経抜群さに改めて惚れる。

関連記事
  1. 特撮
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




TRICERATOPS 20TH ANNIVERSARY TOUR "ROAR×20" @大阪 :: 2017/05/27(Sat)
2週間の地獄を乗り越えて一番好きなバンドのライヴへ行ってきました。
まあ地獄はまだしばらく終わらないんだけど、とりあえず当日は「これ終わったらライヴだから!」を生き甲斐にしてたので、午後はうきうきでした。

ということで祝20周年!
ブランクもありましたが、出会ってから15年以上経っております。『FEVER』が知ったきっかけなんですけど、その時はもう3枚目のアルバムも出てたはずなので、リアルタイムで聴き出したのは『GROOVE WALK』からですね。
なので今日聴いた曲はもちろん全部わかりました。大体歌ってた。(声出さずに)
そして恒例の2曲目で汗だく。「今日は真夏じゃないし(汗が)大丈夫~」とか言ってたのに2曲目で汗だく。
笑ったし叫んだし泣いたし笑った。本編最後が体力的にギリギリで、アンコールの手拍子で休んで、けどアンコール1曲目で危うく酸欠になりかけて慌てて深呼吸しました。割とマジでヤバかった(笑)。何でそうなったかって楽しかったからです!!
一般発売で買ったので入場順は後ろの方だったんですけど、会場に入ったら思ってたより前に行けたし。3人とも何とか見える位置だったし。
バンドのライヴなので特別な演出があるわけではなかったけど、3人が楽しそうに演奏してくれてたのでそれでオーライです。今日もすごい脱線があったし! あんなに技術が高いのに何でこんなに面白いの(笑)。
でも楽しそうではあったけど、今日は何か一際すごかった。メンバーもお客さんもどこまで燃えちゃうんだってくらい燃えてた。
新曲も作ってるみたいだし(というか今ツアーでやるつもりだったけど歌詞が間に合わなかったらしい)、嬉しい限りですね。

会場に向かっている最中にツイッターを眺めたら和田君の奥様が結婚1周年のツイートをされてたので、「1周年なのに離れ離れで何か申し訳ないな」と思ってたら、関係者席にいらっしゃいました(終わってから他のお客さんが気付いて歓声が上がってた)。
昨年も結婚直後の大阪ライヴに奥様がいらしてたそうなんですけどそれは行けなかったので、今回「1周年おめでとう」を言えて嬉しかったです。奥様も元々好きだったんですよ(だから熱愛発覚の時驚いたけど嬉しかった)。末永く幸せでいてほしいです!

関連記事
  1. TRICERATOPS
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




近況。 :: 2017/05/25(Thu)
色々あって、5月中旬から突然、仕事が激務になりました。
お察しください。(倒れる)
仕事から帰ってきたらとにかくぼーっとしたい…。
(残業とかしてるわけではないけど。てか、これで残業までしろって言われたら流石に辞める)

でも明日はTRICERATOPSのライヴなのでそれは這ってでも行きます。
20周年だよ。すごい!
ビートルズの特番でも共演したことだし、いつかゴスペラーズと何かやらないかなあ。
(と、『STEP FOR FIVE』の頃から密かに期待している。この時、西寺豪太さんが作詞で参加されたので)

近況としましては、15年以上使っていた炊飯器にようやく別れを告げまして、新しいのを買いました。
展示品セールで5年保証を入れても約17000円という破格のお値段でしたが、ちゃんと日立ですし、新しいので炊いたら美味しかったです。何かお米のつやが違った。
やっぱり前の炊飯器は限界超えてたんだな…。(炊けるのは炊けるから何となく使ってた)
実は洗濯機もそろそろやばいんだよな…10年超えたし。

関連記事
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




劇場で観た映画。 :: 2017/05/13(Sat)
何本か映画を観に行ったんですけど、ツイッターでちらっとしか感想書いてなかったので記録。

・ラ・ラ・ランド
世間の評判が良かったし、期待もかなり大きくして行ったんですけど、エピローグで「えええええ?」ってなってしまって落ち込んで帰りました…。(なので感想書かなかった)
だって男(セバスチャン)が可哀想じゃないですか! あんなに彼女の背中押してあげたのに! そんなあっさり捨てるんかい! しかも最初の方のつまんなさそうに相手してた男と結婚してもう子供もいるんかい!
っていうのをちらっと同居人さんに言ったら、「その程度の女だったんだから別れて正解だったと思う」とものすごくクールに言われてそれもどうかなと思いました。いやまあ確かに、(セバスチャンが)バンドで成功してからでもお店は出せるのに何でいちゃもんつけてるんだとか色々思ったけどさ。
ミュージカル全然嫌いじゃないし、オープニングでも「うわあああすごいいい!」ってなったものの、個人的にはちょっと中だるみがあったなと。ていうか何であの流れでハッピーエンドちゃうねん。持ち上げて落として持ち上げてやっぱり落とされたみたいな。


・SING/シング
『ラ・ラ・ランド』で落ち込んだ私を救ってくれた作品。
っていうのもあるけど、それを差し引いてもマジで観てほしい作品。本当に面白いから。これ1作目なんですけど、公開中に既に続編制作が決定してました。わかる。物語の始まりから終わりまで至る所で泣いてた。
3DCGアニメあんまり得意じゃないんですけどこれは大丈夫でした。
ちなみに一番のお目当ては吹き替えの坂本真綾さん(ロジータ役)。真綾さんがしっかり歌ってくれるなんてそんなの行くしかないじゃないか。実際聴いても最高でした。めっちゃ上手いし可愛い可愛すぎる。ロジータというキャラが可愛い。
ロジータの(歌の)相手であるグンター役の斎藤司さんが、歌入れの際に真綾さんの歌を聞いて「あ、ロジータはまだ歌入れしてないんですね?」と間違うほど上手だったと特番で話してくれてて、とても嬉しかったです。
でも、斎藤さんも含めて歌ってる人全員よかったなあ。この作品で歌の吹き替えが許されたのは日本だけらしいんですけど、ちゃんと歌えてなおかつ演技もできる人を連れてくるという、近年まれに見る素晴らしいキャスティングでした。MISIAさんもスキマスイッチの大橋さんも演技上手かったし。特にMISIAさん。
もちろん主人公のバスター・ムーンというキャラも、吹き替えをされた内村光良さんも好き。バスターが劇場を経営してるのですが、冒頭の劇場に対しての愛を語っているシーンで既に泣きました。(舞台観に行ったりしてるし)
キャラに嫌な人が1人もいないのもよかったです。
続編も絶対に劇場行きます。


・帝一の國
昨年、『ライチ☆光クラブ』にものすごい衝撃を受けまして。
原作は読んでないのですが同じ原作者さんの作品なので行くしかあるまい(『ライチ』から出てる人も何人かいるし)、と思って行ってきました。
スタッフさんは『ライチ』と全然違ったみたいですが、しっかり面白かったです。今回は青春とか笑いの方に寄ってたし。
菅田将暉君が主人公で吉田鋼太郎さんと親子役なのですが、採点シーンが面白過ぎてお腹抱えて笑いました。あれ絶対アドリブ入ってる気がする。
あと、『ライチ』で影を背負った主人公を演じていた野村周平君がこんなマッシュルーム眼鏡の嫌味なライバルになるんだ!(衝撃)とか。
志尊淳君と千葉雄大君と鈴木勝大君で戦隊レッド3人衆だ!とか。
美美子役の永野芽郁ちゃんめっちゃ可愛いなとか。(スタッフロール必見)
あ、あとあれだ。この映画を観て一番得をするのは確実に竹内涼真君ファンの皆様です。どこ切り取っても恰好良いところしかないぞ。絶対観るべきだぞ。


あと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』観たけど別個で書くかな。
明日は『ラストコップ』行くのでここに付け足すかも。(最初のスペシャルドラマから好きでした)

関連記事
  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




大人の塗り絵『世界の美しい文様ぬり絵 アラベスク文様』・3 :: 2017/05/12(Fri)
ペン入れが楽し過ぎて止まらないです。この絵だと葉っぱが楽しくて仕方なかった。
直線は物差しを使いました。(1ヶ所間違えて貫通してるorz)
綺麗に見える部分を写しましたが、実際はもう少しガタガタです。

DSC_0388.jpg

DSC_0429.jpg

DSC_0432.jpg

ちなみに着色は、ダメ元で買ったけど意外とよかったダイソーの色鉛筆。100円だというのにこの発色。
紙との相性もあるけど、ステッドラー(のノリスクラブ油性)はやっぱり薄いですね…流石にクーピーよりは綺麗だけど。あと、ムラになりにくいという長所もあるし。

この塗り絵のモチーフは『428』の鈴音ちゃん。なので、唯一赤く塗った真ん中の丸は…ということです。
(是非ゲームやって『鈴音編』まで読んで下さい)
鈴音を演じた小林涼子さん、ドラマ『お迎えデス。』で気になってたら鈴音だったので(実際に演じたのはゲームの方が何年も前)、また別の作品でも観たいなあ。

関連記事
  1. 塗り絵
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




突然の思い出話。 :: 2017/05/11(Thu)
小学2年生の初めまで京都市内の団地に住んでたんですけど。
同じ団地に住んでいる(私が1年生の時に)6年生のお兄ちゃんがいまして。運動神経めっちゃ良くて(スケボー乗ってた)、面倒見が良くて、団地の駐車場でよく一緒に遊んでもらってたんですよ。すごく素敵なお兄ちゃんで。
で、2年生になって私が親の仕事の都合で引っ越すことになって、その子がお母さんと一緒にお別れの挨拶をしに来てくれたんですけど。

お兄ちゃん、セーラー服着てました。

つまり女の子だったのです!!

めちゃくちゃびっくりしましたけど何とか声に出さずには済みました。
確かにお兄ちゃん(正確にはお姉ちゃん)を「まみ君」と呼んでた気がするけど、その頃は男の子の名前と女の子の名前の区別がまだついてなかったんだ…。

という思い出を、『ぷよぷよクエスト』(スマホゲー)のダリダを見て急激に思い出しました。
(入手したのが最近で)さっきデッキに入れたらガールズコンビネーションが発動したので「あ、あれ。女の子だったの!?」と。初めて見たのがハロウィンバージョンだったんですけど、その時から男の子だと信じて疑いませんでしたわ…。名前も男の子っぽいしさ…。見た目めっちゃ好きなんだ!!

関連記事
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ゴスペラーズ Soul Renaissanceツアー@京都 :: 2017/05/05(Fri)
行ってきました! FCで取ったから半年弱前から楽しみにしてたライヴ!
あのね…すごかった。毎回すごいけど今回もすごかった。
アルバムの私の感想の一言目が「エロい」で「これ書いちゃったけど怒られるかな。もっと曲の内容とかに踏み込んだ方がよかったのか」とか悩んでたんですけど、ツアーのパンフレット読んだら御本人達がエロいエロい言ってたので「あ、合ってたんだ!」ととても安心しました。
そういう内容です。(待て)
大人の色気ってすごいね…。(吐血しながら倒れる)
絶対あの曲、物議を醸し出してる。素晴らしい。素晴らしいです!(ヒント:アルバム曲のどれか)

ちょっと話は逸れますが。
パンフレットの中で『Silent Blue』を「(もう少し壮大なイメージになる可能性もあったけど)外では嵐が嵐が吹きまくる中での部屋での情事(みたいなデザインにできた)」と表現されてまして(リーダー談)、個人的には「(出会ってまだ体を重ねていない段階で)もうそういうつもりで2人で部屋にいるんだけど、ぎりぎりお互いに踏み込む直前」みたいな感じで聴いてました。お互いの顔もすぐ傍にあるんだけどみたいな。だから何だろ、(世界観として)曲が終わった直後でキスするというか。

『Deja Vu』はいけない関係ですよね? 「Never be mine」だし「灰色の夢を続ける」だし。いやでも、どちらかに恋人がいるとかじゃなくて体だけの関係とかの可能性もあるか。向こうに本気で付き合う気がないみたいな。ちょっと『U'll Be Mine』の続編(上手く行かなかったバージョン)みたいなイメージ。

今年は何だかんだと苗場ライビュやサウンドクリエーター40周年イベントに行けて、そしてツアーがあり(7月も行きます)、ソウルパワーも控えていて嬉しい限りです。健康は大事にしてほしいけど。
ゴスペラーズ好きです大好きです!!
これからもよろしくお願いします!

(セトリあり感想はこちら。完全ネタバレ注意)
 

>>続きを読む

関連記事
  1. ゴスペラーズ15-
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ